近況

最後の1週間

いよいよ、最後の1週間に突入しました。ここまでの一週間もいろいろなことがありました。

①シビルの日本人の方の修士発表

同じ時期に、日本の某企業から学位取得のために来ていた日本人の方の修士発表がありました。2年間の成果が認められ、見事学位を治められました拍手こちらが聞いていても気持のよい素晴らしいプレゼンでした。かっこよかったウインク自分も研究を堂々と世界に向けて発信できる人間になりたい。。。

②研究最終ミーティング

この一年、材料提供や情報提供でお世話になった日本企業の担当者および、今回はその企業の主席研究員の方を日本からお呼びしてのミーティングでした電球日本にいたら、まあ会えなかった人でしょうね。1年前こんな展開になるなんて想像もできませんでした。いろいろな人の助けを得てここまで漕ぎつけることができました。今後もどうやら継続して双方(デルフト工科大学と日本企業)で研究が進んでいくようです。まだまだ非力ですが、世のため人のため、一歩でも技術向上に貢献できたのなら、これほど嬉しいことはありません笑い

③妹のオランダ訪問

これがホントにホントに最後の訪問者です。いったいこの1年何人の人がオランダ(私)を訪れてくれたのでしょうか。。。親戚、友人、先生まで入れるとざっと数えて20人はいました(笑)いやはや、ありがたい話です。

最後の最後に念願だった、コンセルトヘボウへ行くことができました。世界No.1のオーケストラを堪能音符

p1070438.jpg


オランダは短い夏の終わりを迎えようとしています。日に日に気温が下がっているように感じました。明日(9月1日)からオランダは新学期ですにっこり

p1070458.jpg


妹のお気に入りはハーグでした。エッシャーとマウリッツ美術館(フェルメールの絵を所蔵)が気に入ったようでした。

p1070492.jpg


電車のなかでランチタイムウインクケバブは世界中どこに行ってもおいしい。はずれの無い食事です(笑)

p1070598.jpg


最後の1枚は世界遺産に街並みが指定されているブリュージュの運河クルーズから。

p1070689.jpg


さあ、あとは片づけを仕上げて、譲るものを譲って最後のあいさつ回りをするだけです。あと4日。最後まで全力投球ですよ!

フィーレヤッペン(運河飛び)と花火

フィーレヤッペンとはフリースランド(オランダ北部)語で「運河越え」という意味です。その名の通り、昔運河を越えるために考え出された方法が、今ではオランダでの立派な競技種目になりました。

昨日はデルフトの日本人会の人と、この競技の「キラキラオランダチャンピオンシップキラキラ」を見に行ってきました。会場はこんな感じでしっかりとした設備が整っています。

p1070325.jpg


これがそのポスター。フリースランド代表(発祥の地なので別枠)とオランダ代表が集まる大会でした。

p1070328.jpg


キャンペーンガールでしょうか。フィーレヤッペンのTシャツを着ていました。アジア人が珍しいのか(会場を見渡してもオランダ人ばかり)、カメラを向けたら投げキッスドキドキ大をくれました(笑)オランダらしい(笑)

p1070333.jpg


競技の説明です。

①ある程度の助走をとって、走り出します。運河にさした「飛び越え棒」の手前で踏み切って、棒にしがみつきます。

p1070358.jpg


②飛びつく加減をうまく調整し、バランスを取りながら、上へ上へと登りつつ、自重を利用して運河を越えます。

p1070350.jpg


③最後は腕の力で棒を押して、砂浜に着地。距離を測定します。要は棒高跳びと幅跳びをミックスしたような競技です。

p1070371.jpg


記録を狙おうとすると、②の段階でより上へ登らないといけません。しかしう不安定な一本棒をバランスを取りながら登るのはかなり難しい話です。無論、運河(この場合はプール)に落ちる人もかなりいます。

p1070353.jpg


この日はなんと、ワールドレコード(オランダレコードと同じ)の現場に立ち会うことができました!会場は多盛り上がりです!!世界陸上の100m男子決勝にも負けないくらいの盛り上がりでした(笑)記録は21.00メートル!初の21メートル代です。

p1070375.jpg


ユースや女性など部門別に優勝者を決めました。日本にも数年前にこの競技が入ってきたようです。今から始めれば、日本代表はあなたかもしれませんよ!!ウインク

p1070398.jpg


夜はさらに数人の日本人の方と合流し、オランダきってのビーチリゾート(スヘーフェインゲン)でお食事&花火をみました。オランダの夏の最後の行事として定着しつつあるこの花火大会。世界の国々から花火を提供してもらって競うのだそうです。

p1070418.jpg


これが今期でオランダを去る日本人のフェアウェルも兼ねていました。本当にこの日本人会で出会った、多くの年上の日本人の方に面倒を見てもらいました。お礼を言いつくせないほど面倒を見てもらいました。ありがとうございました。

p1070432.jpg


留学もあと2週間を切りました。本格的に片付けに入ります。来週は研究打ち合わせ&妹のオランダ訪問と続きます。

心友

お互いがお互いのことを「心友」と呼ぶ仲間がオランダを訪れてくれました。大学時代最も信頼し、一緒に深く物事を考え、率先して実行してきたのが彼女でした。今は社会人ですが、そんじょそこらの男より、よっぽど仕事もできるでしょう。こんな尊敬できる友を持てたことは、非常にうれしいことです。

1週間の滞在中、オランダ、ドイツ、ベルギーと回ってきました。おたがい語るのが大好きな人間なので、昔の思い出から、近況報告、そしてこれから先の将来への夢を道中語りまくりました。家に帰ってもずっと話してるから毎晩寝不足でした(笑)

p1070257.jpg

(ドイツ、ケルン)


p1070264.jpg

(お疲れモード)


p1070280.jpg

(ゴーダのチーズ市)


p1070287.jpg

(大好きなミッフィーとご対面で興奮気味)


さて、次は数日後に妹がオランダにやってきます。途中、研究打ち合わせを挟みまずが、いよいよオランダ生活も2週間になりました。明日はデルフトの日本人会の人たちによるフェアウェルパーティーに参加してきます!

オランダでの研究活動の終了

さきほど研究室の自室の部屋の鍵を秘書さんに返してきました。PC内も、デスクの上も、いらなくなったサンプルもすべて処理してきました。すべては私が来た時そのままの光景です落ち込み

今日でオフィシャルにはここでの研究活動が終わりました。研究室でお世話になったすべての人への感謝の気持ちを込めて、今日は朝から早起きして、大量の寿司を作りました。使った米はなんと10合!!(笑)すべては日本から持ってきた日本米です。貴重なキラキラ日本米キラキラだけど、それ以上にお礼がしたい。日本の良いところをできる限り伝えたい。そんな気持ちで作りました電球

作戦は昨日から始まっていました。直属の上司が今日これないということで、彼には別にちらしずしを作りました↓。

p1060463.jpg

(昨日作った上司へのちらし寿司)


まあ、日本のレトルトの寿司素を使っているからそんな下手なものはできません(苦笑)。余った、お米を利用して次の日作る巻きずしを練習しました。

その結果がこれですびっくりびっくりびっくり見た感じ綺麗でしょはてなはてなイナリ寿司に、巻きずし3種類(アナゴ、卵、きゅうり、かんぴょう、カニカマ、シーチキン、スモークサーモン、アボガド)、ガリに日本緑茶のセットでした。所要時間4時間。。。出来上がったときにはヘトヘトでした。

p1060465.jpg


近づくとその歪さがわかります(笑)でもおいしそうでしょ?今夜はこれらの切れっ端で一人寿司パーティーです悲しい

頑張って作った甲斐あって、来てくれた人たち(夏休み中で人が少なかったですが、それでも20名くらいはきたかな)は、一口ずつくらいでしたが、みんなおいしいと言って食べてくれました。中でもイナリ寿司は珍しいらしく、バカ売れでしたにっこり

p1060466.jpg


食事がおいしいと会話も弾みます。一番びっくりした質問がこれ。あるベトナム人男性との会話。

べ:「さとし、いつ帰るの?」


さ:「9月頭だよ。」


べ:「で、いつ結婚するの?」


(一同笑い)


さ:「!?結婚の前に卒業しなきゃ(笑)」


この研究室の中で、私に彼女がいるのは有名な話です(ゼミで公言したからなあ)。世界どこ行ってもイジラレルのは避けられないようです。。。

ルームメイトから、こんなお手紙も頂きました。無許可ではありますが、あまりにも嬉しかったので、(匿名で)掲載させてもらいます。

Dear Satoshi

It's very nice to have met you.
Tidy, polite, diligent are the impressions you left in my mind.
Behind is your warm, kind, friendly heart.

Wish all the success in your career; all the sweet in your life!


これを日本語で書くのは恥ずかしいので、やめておきます。何が嬉しいって、自分をものすごく内面で評価してくれたことです。

ここにきて、自分と周りとのレベルの差に驚愕しました。自分は言葉すらまともにしゃべれない、何も貢献できそうなものを持ち合わせていない。その私が、ここにいるたった唯一の日本人。日本人代表とまでは言わないけれど、日本に泥を塗るようなことだけは、絶対にしてはいけない。そう自分に誓いました。

それからというもの、とにかく必死に食らいついていきました。英語の論文も数多と読んだし、分からないことは分からないとはっきり何度も聞きました。今できないものは仕方ない、できないならできないなりに態度で示そう。

そうした積み重ねが、最後こういう空気をつくり、何よりも自分の今の気持ちが誠実にその答えを示しています。

来てよかった。これてよかった。あれだけつらかった最初の研究室が、今では第二の母校に思えます。

なごり惜しい気持ちは多々ありますが、今思うのは、もう一度日本に帰って、しっかり勉強し直そうということです。ここにきて、改めて日本の素晴らしさ、レベルの高さを知りました。海外どうこうの前に、1人の大人として、エンジニアとして、もっと日本でやるべきことがあるなと思いました。もちろん、視野は常に外に向けてね。次この土俵に戻るときは、何年かかるか分からないけれど、対等に話し合える立場になって「必ず」戻ってきたいなと思います。次は日本代表としても恥ずかしくないくらい成長してね。 続きを読む

Final week(最終週)

Finally, this week is my final week for my work in this university, except a day for meeting with a Japanese man in August.

Until this week, almost 11 months, I think time has gone by, immediately. Now, what I felt for time when I came here seem to be a lie. That might be a truth that I could make this experience fulfilling笑顔. Of course, still I have lots of things that I want to do, but at same time, now I feel certain degree of achievement. However, needless to say, I will do my best until last minute力こぶ.

Last Saturday, in Rotterdam,we had carnivalクラッカー; first, this was held by people who lived in Antilles, which is insular possessions by Netherlands.

p1060401.jpg


They danced with a lilting samba音符. These mood made audiences happyハート. What a amazing luxurious and colorful costume!!

p1060414.jpg


On last Sunday, I held a party for Y-san and his girl friend. During this stay, they took me care a lot! It is not too strong to say that thanks to them, I could spend fulfilling time in Netherlands. I prepared do-it-yourself sushi rolls料理 for them. I could enjoy a lot! Last day in this lab, I have plan for making sushi-rolls for them as well電球.

p1060422.jpg


Well, this is another story. Do you know that we have a football match in September; キラキラJapan vs Netherlandキラキラ? This is our first match in our history. I really wanted to go and watch it, but unfortunately, my leaving date will be before the game date困った!! Despite this, now I have a ticket due to double booking!! This is mixed feelings. Does somebody come to Netherland for it??笑い汗

p1060421.jpg
続きを読む
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ