ただいま帰ってきましたウインクアイルランドクローバーの熱気が冷めないうちに、書いてしまいます。こういうのも後にするより、一気に書いちゃった方が後々思い出すのにいいんでね音符

まず、なぜアイルランドに行こうとしたかという前に、私とアイルランドの歴史(?)をお話ししておきます。

私が、アイルランドという国を意識するようになったのは、忘れもしない2002年です。そう、高校3年生の6月ごろでしょうか。日本は、そうワールドカップで盛り上がっている頃でした。私は高校の友人N君(帰国子女)と渋谷で遊んでいました。(受験生なのにいいのでしょうかはてなとかいう質問は受け付けません)二人ともサッカー大好きで、サッカーの試合がすごく気になってきました。そこで、二人で向かったのが渋谷のアイリッシュバーでした。もちろん、高校生でしたから、お酒は飲まず、ジュースとフィッシュアンドチップス料理を食べながら観戦したのが記憶にあります。ちなみに、その試合はイングランドvsスウェーデンサッカーでした。今思えばよくそんな試合にアイリッシュバーに乗り込んだなと思いますが、それも若気の至りです。

大学に入ってから、留学生と付き合いが増え、そのおかげで覚えたのがクラブ(踊る方です)とバーでした。そう、横浜にはよく留学生といったアイリッシュバーがあるんですよね。私、お酒は激弱ですが、ここのお店が本当に好きで、2次会に行こうとなると進んでここには行ったものでしたジョッキ


さてさて、今回も前回のイタリアの時と同様、格安航空会社で行ってきました。アイルランド(ダブリン)は緯度約53度と高緯度にもかかわらず、思ったより寒くなく(オランダより暖かい?)でも、やっぱり予想通りどんよりロンドン風天気でした。(注:イギリスに行ったことありません笑顔汗

p1020231.jpg


なんか、ロンドンバスみたいですね音符(イギリス行ったことありません汗)。市内まで30分強でした。


今回のアイルランドへの旅は、初めて地図なしで出発しました。というのも、アイルランドが載っているガイドブックが手元になかったからです。バスを降ろされたはいいけど、右も左も分からない汗やっとみつけたインフォメーションも営業時間終わってる悲しい仕方ないのでその辺にいた、おっちゃんに道を聞いたら親切にも地図をくれましたすいませんやさしい…にっこり

p1020241.jpg


アイルランドもすっかりクリスマスでした。町の中心地にあったクリスマスツリーのイルミネーション木

p1020244.jpg


その横にあった、ものすごくたかーいただの棒汗私は、この旅の中でカリン塔(ドラゴン○ール)と名づけていましたが、さっき調べたら光の塔と言うらしいですね。

p1020261.jpg


これもこの旅でわかったことなのですが、アイルランドの人たちはサッカーではセルティックを応援しているようですね。サッカー好きな方ならご存知でしょう、我らが日本代表中村俊介水野晃樹が在籍しています。そういえば、今日の試合で水野が1点入れたみたいですね。この写真を撮ったとき、横にいたお兄ちゃんが、

おまえはサッカーを知っている


と言ってくれました笑い汗(このユニフォームの横に、マンUとかチェルシーのがあった。)

p1020281.jpg


夕食はさっそく市内のアイリッシュバーでいただきました料理これは、アイリッシュシチューという郷土料理(ラム肉と野菜のスープ)と、これまたアイルランドが世界に誇るギネスビールですジョッキ飲みながら思ったのですが、これが私初めて一人でお酒を飲んだ瞬間でした困ったぶっちゃけお酒ってそんな好きじゃないし、極端な言い方すればお酒=仕事という感覚があるので、好きじゃなかったけど今日はなんか飲みたくなりました。たぶん、ミーハー感覚も働いたんでしょうが、でもなんかおいしかった音符お酒は楽しく飲まなきゃねウインクちなみにこれでハーフパイン(1パイン=1杯)です。

p1020286.jpg


アイルランドといったら、やっぱりこれでしょうアイリッシュダンスびっくりびっくりびっくりタップダンスのようなリズミカルな音が奏でるダンスはすごく魅力的でした。私の悪い癖ですがはまりそうです(笑)

p1020311.jpg


お酒の酔い覚ましにお散歩です。お土産物屋さんに入ったら、ものすごい興奮してしまいました。どこを見ても緑、緑、緑クローバークローバークローバーなんですから困ったやっぱり国に色があるっていいですね。

p1020314.jpg


アイルランドは、妖精、楽器、クローバーなどなどたくさん特徴的なものがあります。見てるだけで楽しくなってきます音符

p1020317.jpg


最後はテンプルバー地区と呼ばれる、若者が集まる区域をお散歩しました。バーや、おしゃれなお店、クラブなどいろいろありましたウインク今日は疲れたので、この辺で退散しました。



p1020333.jpg


次の日、トリニティーカレッジと呼ばれる、アイルランド最古の大学見学からスタート。ケルンの書と呼ばれる、世界で一番美しいと言われる写本があるそうなのですが、残念ながら改装中で見れませんでした悲しい

p1020340.jpg


U2って知ってますか?ロックバンド?なのかな?ごめんなさい、有名らしいですがよく知りませんでした。彼らの出身がここダブリンみたいです。

p1020342.jpg


私はどっちかというとこっちの方が(笑)来年のカレンダーの5月が中村俊介になっていました。このほかにも、月間セルティックの今月の表紙が彼でした電球(むろん購入しましたにっこり

p1020344.jpg


これはダブリン城とよばれる遺跡でした。これも公開時間でなく外からしか見れませんでした悲しい

p1020356.jpg


ガリバー旅行記を書いたジョナサン・スウィフトが埋葬されている教会もありました。

p1020364.jpg


旅行に行って楽しいのは、遺跡めぐりばかりじゃなく、地元のスーパーやお店に入って市民の生活を覗くこともそのひとつですチューそういう意味でこのようないわゆる日本の百均にあたるこのようなお店すごく見ていて楽しいです音符気づいたのは、アイルランドは物価が高いこと。物もそうだけど、食事も高いと思っていたオランダ以上かもしれません。都市部だからでしょうか。とにかく高くて今回は財布が泣かされました悲しい

part.2に続く…