アインシュタインの相対性理論によって速度が光速に近づくほど時間はゆっくり流れ、光速では時間の流れは止まり、光速を超えると時間の進み方は逆になる……とされています。これは過去に行けるというわけではなく、ただ単に時間の流れが自分より遅く見えるということであり、時計の針が逆回転するだけである。

誰しもあのとき、「あーしとけばよかったとか!」「こーしとけば…」なんてことはあるはず。そんなことが実際にびっくりはてなもちろんバックトゥーザフューチャーみたいに過去に戻ることはなく、そんな疑似体験をしましたびっくり

本日26日午前3時をもって、サマータイムが終了。3時になった次の瞬間、午前2時になるんです困ったつまり日本との時差が今日から8時間になりましたので、お間違えなく。こちらは高緯度なので、本当に日の長さの変わり方が日に日に短くなります夕日

頭ではサマータイムって知ってますが、実際その境目を経験することってなかなかないんじゃないかなはてなミーハーな私はその時間に頑張って起きました電球その瞬間をスライドショーでお伝えします(笑)(windows vista バージョン)

p1010124.jpg


ドキドキドキドキ小


p1010125.jpg


ドキドキドキドキドキ大


p1010128.jpg


おおおおおおおおおおおお電球



以上でーすあかんべーこの儲けた(?)1時間何に使ったって?愚問です。疲れて寝ました寝るちなみになぜ日曜かというと、土曜日から日曜日に変わる瞬間が一番社会に支障がないからみたいです。うん、たしかにこれを理由に授業遅刻するやついそうだもんね汗

無論、このあと部屋中のアナログ時計を手動でかえたのは言うまでもありません。次にサマータイムに戻るのは3月最終日曜日ですウインク