2009年06月

カウントダウン(私を突き動かすもの)

今日大学の研究室で今期最後のゼミが行われた。月一回のゼミで、7月はお休みなので今日が最終回だった。なんかそれを思うと、いよいよカウントダウンが始まってきたなと思い、すこし寂しさ悲しいと共に、焦りが出てきた汗


個人的な話題では、今日シカゴでの国際会議(6月29日~7月1日)前の最後の打ち合わせも行った。今日までに出した結果や知見をすべて整理し、発表者である上司と最後の議論をした。発表内容や図表の選択、スライド構成など私の意見も取り入れてもらえたのは非常にうれしかった。そして一番うれしかったのは、最後にその人が私に

「君(私)はこの研究に多くの研究結果と貢献をしてくれた」


と言ってくれたことだった。それこそ、飛び上るほど嬉しかった。ここにきて、英語もままならない中始まった研究。途方に暮れ、折れそうになった時期もあったけど、なんとかここ(当初の目標)まで来ることができた。最近では、臆することなく上司に実験方法や工夫などで意見や提案ができるようになってきて、とにかく一歩でも研究を進めたいと餓えるほど思っている。

*************************


今ならはっきり分かる。私の原動力。それは最初のころにブログでも書いた私の中での「負の感情」と「負けん気」である。

私がここにきて最初にいわれ困惑した一言があった。「あなたはなぜここにきたの?」答えられなかった。見る人から見れば、ただ「道を外れた人」かもしれない。ただ、少なくとも「自分の中では」帰国した時に、日本にいた1年より価値がなければいけない。

現実的な話をすれば、お金のことだってそう。別に国費留学生のような奨学金で来ているわけではない。24にもなって、院にもいかせてもらって、さらには留学まで許してもらって、お世話になっている始末(ちゃんと返しますすいません)。お金をかけたらそれに見合った成果なり結果が欲しいと思うのは人間として当然のことでしょう。

そして何より「負けたくない」という気持ちがそれに拍車をかけている。ライバルをもつという風にも言えるかもしれない。物事に対して、人と争い比べるものではないという人もいるかもしれない。ただ私から言わせれば、比べないで我が道を突き進める人なんて絶対いない。絶対に同じ土俵で比べろとは言わない。何に対してでもいいから、自分のトラウマや弱点(負の感情)を逆手にとって、自分が持つ(持ちたい)のびしろを伸ばす努力をする意識づけをするべきだと思うし、そうあり続けたいと思う。「○○では××に負けるけど、そのぶん▼▼では負けないぞ!」的なね。

だからって、それだけじゃ人間プレッシャーでつぶれてしまいかねない。何かやっていてどこかに楽しみを見出せないと無理だと思う。私の場合、自分が成長できる環境に自分の身を置き続けることが何よりも楽いと感じる人間である。研究だってそう、旅行だってそう、スポーツもそう、付き合う仲間だってそう。自分の理想に近く、尊敬できる人がいれば、あこがれ真似てついていけばいい。全体的にできなくても、その人のいいところや秀でたところや自分にないものをみつけ、吸収できればいい。

ここまでの10か月は間違いなく、去年の数倍勉強したし、数倍遊んだし、数倍成長してきた自負がある。


**********************


最初は語るつもりなんてさらっさらなかったのに、長文を書いてしまいました(汗)ま、こういう文章は賛否両論あるでしょうが、勢いで載せちゃいます(笑)こういう日も、たまにはあってもいいよね?

8月は友人が来たり、旅行にいったりとかなり予定が詰まってきました。おそらく大学に通うのは7月いっぱいで最後になるかと思います。残り実質1か月!!かえりたくねぇ~(笑)悔いのないよう、全力で駆け抜けますよ。

Horse race (競馬)

It is not too strong word that horse race馬ダッシュ is one of European cultures. Today, I went to a race course located next to my city with my Japanese colleague who belongs to same lab.

p1060069.jpg


Not only men jockey but also women jockey were there. In Japan, it is unusual, I heard. Some horses seemed to be managed by a family. The relaxed atmosphere were in the air.

p1060082.jpg


In the place, many generational people were there笑い. We do not have any awkward air.

p1060079.jpg


This is pretty exceptional horse race. As you see, a jockey ride on horse with a vehicle.

p1060077.jpg


Now you might have something on my mind. The result of my bet was that I could win a wager onceお金; this was my first timeクラッカー to win. However, obviously, I lost money; you never need to worry about it. 続きを読む

Guinness World Record (ギネス記録)

キラキラGuiness world recordキラキラ, this is a most popular, and acknowledged record all over the world. Fortunately, I could witness the moment when a world record was set. This event was run at my university.

He is a project manager, Boyan Slat. He is only 14 years old, but he could have managed this event, and then, he could explain with fluent English!!

p1060031.jpg


These are key tools which help the achievement. 250 of them are there. Can you guess?

p1060032.jpg


Well, this is rocketロケット made of plastic bottle. The record means that at the same time, 250 of them would be launchedびっくりびっくり

p1060047.jpg


She seemed to be a official recording secretary. On her hand, record report was there. That was stupid trial, but strict.

p1060057.jpg


250 people had been ready! Each of them had a rocket. Stressful atmosphere were in the air. They do not have a second chance.

p1060060.jpg


5...4...3...2...1..."0"!!!


Notice; historical moment should not be missed!! The movie was tagged on facebook and mixi.

p1060066.jpg

(A participant was collected by news caster.)


Thanks to many peoples' cooperation, 213 of them could be launched at the same time. At this moment, the world record was born拍手笑い I definitely was there. Next record holder is might youにっこり

c.f. HART VAN NETHERLAND; I am on the film!!
続きを読む

修学旅行(inオランダ&ベルギー)

スペインから帰ってきて2日後の先週金曜日の夜、陸路で研究室のメンバー(M2)がオランダの私の家に無事到着しましたウインクさすがに、毎日歩きまわっているとあってお疲れの様子でした笑い汗その夜は、6人川の字で就寝でしたZZZ

土曜日(6月13日)は、デルフト&アムステルダム観光でした。

まず私が今お世話になっている研究室に彼らを案内しました。設備の充実さや大きさに、ものすごく感心している様子でした鐘各々の研究の少しの助けにでもなればそれ以上嬉しいことはありません笑顔

p6130321.jpg

(ゼミをする丸テーブルにて一服中)


一通りデルフト市内を観光した後は、一路オランダの首都アムステルダムびっくり電車の中で、スーパーで買った昼食をいただきました料理日本と違って、こういうのは結構普通です。

p1050935.jpg


アムステルダムではまず運河クルーズボートダッシュ暖かくて、心地よい揺れで。。。みなさん眠気との戦いでした(笑)

p6130467.jpg


船を下りて、ちょっと軽食タイム。先週漁が解禁されたばかりの、「ハーリング(ニシン)」をいただきました魚農林水産大臣(要は食専門笑顔汗)である、うちの姫も豪快に食べておりましたあかんべー

p1050947.jpg


続いて向かったのが、オランダが誇るビールメーカー「ハイネケンエクスペリエンス(博物館)」へジョッキ全員集合ですOK

p1050955.jpg


やっぱり旅行に来たらお酒でしょ乾杯真昼間からお酒をいただきました笑い汗みんないい顔しています音符

p1050972.jpg


M2一番の気分屋であり、お子ちゃまな「↓田」くんハートやっぱり顔ゲイではまだまだA級芸人にはかないません困った

p6130344.jpg


お待たせしました、これが世界に誇るキラキラA級芸人キラキラ拍手困った汗こういうお札ありそうですね電球

p6130345.jpg


ここからは日付が変わって、日曜日(6月14日)です。この日はあいにくの雨模様でしたが、ベルギーはアントワープに足を延ばしてきました。念願のワッフルにかぶりつく「↓田」氏。

p1050999.jpg


お昼は、オランダでよく食べられる「パンネクック(パンケーキ)」を食しました料理このとき、店員にテーブル上で思いっきり飲み物をこぼされ、服がビール臭くなっちゃう泣くというアクシデント発生悲しい気を取り直して、次行きましょうびっくり

p1060004.jpg


ベルギーの有名な画家と言えばやっぱり「ルーベンス」。というわけで、ルーベンスの家(美術館)を訪問。ここでもやっぱりこうなりました泣く間違いなく、ルーベンスはこんなことを予想して作ってはいないでしょう(笑)

p6140366.jpg

(ナンパ中!?)


結構お宝画像かもハートクールなイケメン毒舌キャラ鐘子」氏。見え隠れするポテンシャルの高さを表情から感じ取れる一枚です(笑)

p6140371.jpg


これもある意味お宝画像かも笑い汗明らかにやらされている感がムンムンしてきます笑顔汗

p6140373.jpg


最後はジャケット写真の撮影会みたいになってしまいました(笑)このほかにアントワープではノートルダム大聖堂やベルギービールのお店に寄ってきました。

p6140369.jpg


食事をして帰宅するともう既に10時を回っていました。帰って1時間ほど、はまってしまったのが「愛してるゲームラブ本当に大笑いしましたにっこりぜひ今年の夏合宿でみんなでやりたいなあと思ってしまいました電球

p6140360.jpg

(どう考えても嫌がらせとしか思えないお土産泣く


*******************************


最後に帰国されたM2のみなさんと研究室のみなさんへのメッセージで閉めたいと思います。

今回は久々に気兼ねなくバカを言ったり、したりできた非常に楽しい時間を過ごさせてもらいました。忙しいM2のみんなが、わざわざ来てくれたことに本当に感謝しています。また同時に、M2の抜けたことで多大な(?)影響を研究室の他の皆様にも、おかけした事と思います。改めて研究室のみんなにお礼を言いたいと思います。あと3カ月弱、もう少し好き勝手にやっている私を、お許してくださいすいません帰ったら。。。頑張ります力こぶでも。。。色々な意味でみんな優しくしてね(笑)

さて、いよいよシカゴでの学会が2週間後に迫ってきました。少しでも多くの実験結果を出して、よりよい発表になるよう頑張らねば力こぶ

修学旅行(in バルセロナ)

すっかり更新が止まっててごめんなさい泣く急な決定でしたが、2泊3日でスペインはバルセロナへ行ってきました!これが私的な話ですが、私にとって20カ国目(遊んでいる証拠困った)となる国になりました。今回訪れた、その大きな理由は横浜の研究室の同期(もはや先輩?)がヨーロッパに遊びに来るということで、私もぜひ一度行ってみたかった、バルセロナで9か月ぶりに再会しました!

さきほど飛行機で帰って来たばかりですが、明日からまた忙しそうなので、一気に更新しちゃいます。

この写真はバルセロナの中心街にあるサン・ジュセップ市場というところで撮りました。さすが南欧。フルーツが色鮮やかです。そして何より、暖かいってのがいいですね(オランダより10度以上も上でした)

p1050651.jpg


ここは街の中心部にある王の広場。新大陸を発見したコロンブスがカトリック女王に報告のため謁見した場所なんだとか。

p1050658.jpg


これはビーチの方にある橋。こんなデザインでもよく見てみると上に持ちあがるタイプの跳ね橋でした。バルセロナはガウディの作品群をはじめ、本当にたくさんの素晴らしい建築物がありました。いっぱい撮って来たけど、ここに写真を載せられないのが残念です悲しい

p1050681.jpg


ついに念願だったパエリア料理を食べることができました。そのほかにもタパスやシーフード、イベリコ豚ブタなどなど南欧料理を満喫できました音符オランダももうちょっと食べ物がおいしければ言うことないんだけどなあ。

p1050718.jpg


そして、ついに同期全員集合写真を撮ることができましたウインク人に頼んだせいか、前2人が陰で暗くなっちゃってるのが残念でしたが、それでもあのサクラダファミリアの前で記念撮影できたのは一生の思い出です。もうこのころは皆さんテンションマックス力こぶです。

p1050727.jpg


我が同期が誇る癒し系と勝手に思っている。あまりにもかわいい写真(そういう趣味ではありません)なので、無断で掲載しちゃいます(笑)

p1050742.jpg


同じ研究テーマで私の卒論の後を引き継いでくれた、我が同期の(笑)。サクラダファミリアのタワーに上ったはいいけど、あまりの高さに腰が引けております。高いの苦手なら登らなきゃいいのに笑い汗

p1050764.jpg


世界遺産グエル公園にてアイスじゃんけん(負けた一人がアイスを全員分おごるというゲーム。よくやってた。)をしました。案の定負ける気がしないと自信満々に連呼していた髭のおじさん(真ん中)が空気を読んで負けてくれました(笑)うちのムードメーカーのすごいところは世界中どこに行ってもキラキラ笑いの神様キラキラと仲良しみたいです。

p1050788.jpg


前回の投稿でお話ししたように、バルセロナを本拠地とするFCバルセロナは今年ヨーロッパタイトル3冠拍手を成し遂げましたびっくりせっかくなので、ミュージアムを見学してきましたラブこれがサッカーサッカー大好き人間なら一度は行ってみたい、カンプノウです。

p1050820.jpg


国内リーグタイトル、国内カップタイトル、ヨーロッパチャンピオンズリーグタイトルの3つのカップです。凄すぎます。

p1050830.jpg


同期のムードメーカーはとにかく笑いにストイック。彼の顔芸は本当にすごい。。。まあ、この顔芸のせいで、外国の子供を大泣きさせましたが・・・(汗)

p1050840.jpg


夜にはフラメンコも見ることができました。本場のフラメンコに一同感動でした電球

p1050849.jpg


彼らはこのあと夜行バスでマルセイユ(フランス)へ。彼らとは数日後、今度はオランダで再再会します。今頃フランスを北上しているころでしょうか。無事にオランダまでこれますように…。それにしても本当に楽しい1一日でした。部屋も6人部屋だったしまるで修学旅行音符でした。週末が待ち遠しい(><)

*************************


私だけもう一泊しました。飛行機までの今日の半日は主に美術館めぐりにあてました。まずは、ここミロ美術館です。

p1050883.jpg


そのあと行ったのがピカソ美術館。どちらもバルセロナに深くかかわった絵画の巨匠たち。ヨーロッパにきて、一流の絵画にたくさん触れられていることは本当に幸せなことです。

p1050921.jpg


最後の写真がモンジュイックというバルセロナにある丘の上からスペイン広場の方向を撮った写真です。

p1050891.jpg


このほかにも、いろいろな写真を撮りました。馬鹿な写真もあるし、綺麗な建築物もあるし、おいしい食べ物の写真もあります。本当に紹介しきれないのが残念ですがご了承くださいすいませんとりあえず、無事に会えて帰ってきましたよというご報告をしておきます。

明日は臨時ゼミがあります。スタンフォード大学の先生の特別ゼミらしい。どんなことを話されるのか。。楽しみです。その前に頭を英語モードに戻さなきゃ汗
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ