2008年12月

本場のクリスマスシーズン到来

シンタクロースが去ったあとは、ついにオランダにも木木シーズンの到来ですびっくり今日12月16日はオランダのあちこちでキラキラクリスマスツリーの点灯式キラキラをやるということだったので、デルフトの新教会前のツリー点灯式を見に行ってきました音符

p1020159.jpg


今日は新教会がいつものライトアップとは違って、ツリーイメージの緑色をしていました木いつ見ても、この教会は本当にきれいですキラキラ夢の世界に来たような感覚を覚えます音符


p1020170.jpg


町中にはオランダのクリスマスマーケットと思われるお店が道に多数出ていました電球みんな思い思いの物を売っていますにっこりクリスマスの飾り付けでしょうか。きれいですウインク

p1020172.jpg


こちらのお爺さんは、露店でオランダ名物の木靴を実演販売していました拍手当たり前ですが、めっちゃうまい笑顔汗


p1020176.jpg


なんかフリーマーケットみたいな感じです(笑)本当にいろいろなお店がありました笑い

p1020178.jpg


あったかいワインがあるとかで、せっかくなのでいただきましたグラス(正確には一緒に行った、こちらで知り合った先生におごっていただきましたすいません)日本的な感覚なら甘酒でしょうか。あまいジュースみたいでおいしかったですOK

p1020184.jpg


これ、消防車です困った消防士(?)もサンタの格好をして乗っていました落ち込み今火事が起こったら、これでいくのかなはてなはてな(笑)

p1020189.jpg


やっぱりこういう雰囲気には生演奏がよく合いますOKいろいろなクリスマスメドレーがすごく楽しかったです鐘

p1020202.jpg


そして午後7時。いよいよ点灯しました電球これがデルフトのクリスマスツリーですウインク横浜とか、日本でもたくさんクリスマスツリーを見てきましたが、電飾は日本のにははるかに劣るものの、やっぱり雰囲気は抜群です力こぶやっぱり食事でも、飲み物でも、物でも、その土地の持つ雰囲気があって初めて生きてくるなあって思いましたラブ

p1020213.jpg


最後は配られたキャンドルに火炎をつけて記念撮影ですにっこり暗いですが、雰囲気は伝わるかなはてな


今週末はアイルランド、そして来週はドイツ。それぞれのクリスマスの様子も比べられそうですウインクいよいよヨーロッパも本格的なクリスマスシーズンモードに入ってきました木

おめでとう!!

今日は、おうちでゆっくりしながら、どこか落ち着かない日でした。なんでかと言うと、私と深くかかわりのあった(今も)人たちにとって特別な日だったからです電球

①祝 Smile Shop 神奈川制覇!!


私が学部時代に所属していた、フットサルチームが今シーズンより始った、神奈川大学フットサルリーグに参戦し、見事今日キラキラ神奈川初代大学王者キラキラになったそうです拍手いやあ、私は何もしてませんが、自分のことのように嬉しいびっくりびっくりびっくり頑張ってくれた後輩たちが誇らしい。私が2年の時は、練習時4人とかいう日もあったのに…(笑)私も応援に行けるものなら行ってみたかったですが、朗報を仲間が送ってくれて、オランダから喜んでいます。おめでとうウインク

②横浜国大吹奏楽部定期演奏会


相方の演奏会が無事「みなとみらいホール」で行われたということで、ホッとしています。去年は不測の事態で公演中止なんてこともありましたが、今年は何事もなく終えられたようです。私も何を隠そう(隠してない?)、吹奏楽経験者ですから(一応トランペットをやって団長までやりました。小学校ですが汗)、あの舞台に上がったときの緊張感と、演奏後の爽快感は今でもよく覚えています。本人のソロパートも何とか吹けたようだったので、よかったね{ウイン
ク}


こうして、自分が信じて付き合ってきた仲間が各々のところで頑張って、成果を収めているというのは誇らしくもあり、刺激になることです笑いどんなことであれ、自分が定めた目標を目指して努力して成し遂げる。ほんの一瞬の時間のために、その何十倍の時間をかけて努力する。言えば簡単だけど、それをどれだけの人がこなせるのか(最後までできるのか)と思うと、改めて彼らのすごさを思い知らされます電球私はこうした素晴らしい仲間(精神的なライバル)に囲まれているからこそ、また明日から頑張ろうと思えるのだと思います音符そしてまた、私もそういう刺激を与えられる人間でありたいと思います。

皆様お疲れ様でした。ゆっくり休んで、また明日から年末の忙しい時期をがんばって乗り切っていきましょうびっくり
続きを読む

コンクリート橋見学会 in オランダ

今日の内容は、私の専門の話なので、昨日と同じように、興味ない人は写真だけご覧ください(笑)

今日は一日、この学期に受講していたConcrete bridge(コンクリート橋)という授業のまとめに、Excursion(見学会)にいってきました電球ここ見学会の面白いところは、先生が企画お膳立てするのではなく、見学会を学生のボランティア団体が企画している点ですびっくり無数にある工学系の学科、専攻の中でコンクリート系統の学生だけ(主にオランダ人みたい)で構成されたBetondispuut(コンクリートクラブとでも訳すのでしょうか)が、見学会、昼食会、イベント、小旅行、コンクリートカヌー、大きなのになると海外旅行まで企画します困った困った困った(ちなみに来年7月にキラキラ日本旅行キラキラがあるそうです。私の航空券の値段よりはるかに安い悲しい)それもメンバーになる(年間3.5ユーロ…。安すぎる。)とすべて格安なのです。なぜそんなことができるのか…。それはオランダの多くの企業がスポンサーでついてるから。すごいです汗

授業では様々な形の橋の基礎知識を習いましたが、今日行ってきたのは、precast工場つまり橋の部品を事前に造っている工場です。オランダはこのプレキャストの割合が世界的にも非常に高い国の一つ(日本は少ない)です。まあ、そのコンクリートは日本が開発した自己充填コンクリートを使っているのですがね。

p1020121.jpg


ここは、見学の前にお話を聞いた部屋。つくなりコーヒー出されたり、昼食もここの会社から出していただいたり、至れり尽くせりでした汗1/3くらいがオランダ人学生で2/3は留学生です。

p1020126.jpg


これは、昨日打設(コンクリートを型に流し込む)したT型ビーム。まだ暖かくてみんな触っていました(今日は天気良かったけど、寒かった…。)にっこりこれで数十メートルあります。

p1020131.jpg


綺麗なサイロです。どことなくポ○リスエットのロゴに似てるなあと思ったのは、たぶん私だけでしょう(笑)残念ながら、工場内部は撮影禁止だったので、工場の写真はここまでですが、すごかったです。型枠バイブレータもすごかったし、内部のセメントを運ぶ機械が遊園地のアトラクションみたいだったし、何より私の想像以上に梁が長いのにスレンダーでした。かなり工夫されているそうです。

さて、昼食後はこれらが運ばれている現場に行きました。

p1020138.jpg


こうやってみると、教科書に載ってるものがどうやって実際に使われているかよくわかりますOKやっぱり両方ないとね。しっかしここの柱は面白いデザインです。

p1020139.jpg


会社の方が説明をしてくださっています。ちなみに、彼がかぶっているウエスタンハットは、実はヘルメットです。昔から、あの古めかしいヘルメットをどうにかオシャレにできないものかと思っていましたが、このアイデアは気に入りました鐘

p1020148.jpg


下からだけではなく、上からも見ます。ところどころに日本ではみない面白いアイデア(たとえば、梁と梁の間に木の板を使っていたり)も見て取ることができました笑い

p1020156.jpg


この見学会で、たくさんの留学生(同年代)と知り合うことができました。そうそう、横浜で存在を知ったチェコ人の彼(私の横。研究室の人は分かるでしょうか。)とも仲良くなれたしね音符世界中いろいろなところから学生が来てて、それぞれの国のいろんな話もきけて、すごく楽しい一日でしたウインクこの団体が企画しているイベントをこれからもチェックして面白そうだったらもっと参加したいなと思いました音符 続きを読む

留学生を取り巻く環境

なんだか、こうして毎日ブログを更新してるとたまに聞こえてくるのが、

「さとしさん、暇なんですね。」


「・・・怒

それは…否定はしません汗できません悲しい。自分には時間に余裕があると言っております(笑)きっとこんな時間にゆとりがあるときは今後退職するまではないでしょうから、しっかり自分を模索します。(負け惜しみ)笑顔汗今日の内容は留学生のことなので、興味のない人にはまったく面白くないでしょうから、そのことをご了承くださいすいません


忘れたころになんちゃらというのは、こういうことでしょうか。こんな記事が今東京大学にあるそうです。お近くの方はぜひ、手に取ってみてやってください。

discussion.jpg

(留学生センター・ニュース2008秋季号No.45)


そう、すっかり忘れてましたがここに来る前(ここには6月20日とある)、東京大学で行われた留学生指導担当研究協議会に参加していました電球あの日は大変でした…。開始時間は確か14時くらいだったでしょうか。2限まで横浜国大で大学院の講義があったので、講義が終わるなり携帯でタクシー自動車ダッシュを呼んで、これを逃すと間に合わない東海道電車で一気に北上、丸の内に乗り換えて会場に着いたのが10分前(ってどっかのブログで読んだような内容…。)。


まあ、そんなことはどうでもよくて、これは何かと言うと、全国の国立大学法人の留学生教育にかかわる、先生だったり事務の方々、文科省の担当者が集まって留学生と日本人学生の交流活動の展開と今後の課題について話し合うものでした。うちの大学からは私を含む3人が学生を代表して、パネリストとして今の留学生を取り巻く現状、課題、要望を学生の視点で伝えさせていただく機会をいただきました。

今まで4年間(帰ったら足かけ7年!?)

どうしたら留学生のためになるか

何を留学生は求めているのか

どうしたら日本人学生と留学生が本当に交流できるか

自分も楽しみながら(コスプレしたり、バカしたり、踊ったりetc)、自分もいろいろ教えてもらいながら(料理、仕事、恋愛etc)、考えてきました。留学生にだけじゃなく、同じような考えを持つ105の仲間、それから他大学の日本人学生との交流(NCO)も刺激的でした。

この協議会に向けて、私の役割は発表ではなく(発表は頼れる心友と後輩に任せて)当日までの段取りでした。JCI(日本コンクリート教会)年次講演会の自分の発表準備と並行して、プレゼンの配布資料作り、パワーポイントフィルの作成、意見の集約、遠隔地の方との調整など事前作業が多くバタバタでしたが、とにかく無事に滞りなくいってよかったです。協議会後の懇親会もいろいろな方とお話できて楽しかったですしね音符どれだけ留学生の環境が改善されるか分かりませんが、それでも話す機会を頂けたことは本当に貴重な体験でした。


そして、こうして今自分が留学生になってみて、また新たな視点が加わりつつあります。と同時に、形式的には自分が留学生のサポートをした(という気持ちはありませんが)ということになっていますが、それより、自分は育てられていたという感謝の気持ちが一層強くなります。もともと高校の時に1か月アメリカに行って彼らの好意に感動して、私もこういうことをしてみたいと思って始めた105(留学生サポート団体)。巡り巡ってまた同じことになっています。不思議です。

topics822img2.jpg


この前横浜国大のHPを見たら、新留学生寮(教職員用)の工事契約がなされたようでした。こちらの大学も留学生への寮は不足していて、問題になっています。これにも賛否両論あるようですし、私も意見がありますが、とにかく留学生のためになってくれることを切に願います。 続きを読む

やりたいことだらけです(><)

今日、研究室で最近知り合ったオランダ人の人(29才らしい)と午前中はほぼ(2-3時間??)雑談してました困った汗いろんな話をしましたが、オランダの天気から話は始り、オランダとつく単語(たとえば、Dutch account とか Flying Dutchmanなど)の話オランダ人の話KLM(オランダ航空)、さらには世界経済危機の話にまでなり、最後はなんと、ここに行きつきました…。


宇宙エレベーター…!???


how-to-know-se-04.png


こんな話は全く知りませんでしたが、日本には日本宇宙エレベーター協会(JSEA)なんて言うものまで、あるんですね{困た}(たけしのTV番組「アンビリーバボー」でも紹介されたらしい)言わずもがな、これを見て、また1時間近くたってしまいました悲しい(やっとコンクリートの「コ」の字が出てきたのはPM1時くらい?)でも、本当に面白いし、原理(詳しくはHP参照)も素人の私でもわかるので、ぜひぜひ読んでみてください。ものすごいワクワクしてきました音符死ぬ前に…海外制覇したら、最後は宇宙で…。前にブログに載せた人生計画の最後に付けたしておきます(笑)

私は、この道を選ぶまで(まだ決まってない??汗)いろいろ悩みました。

子供好きだし小児科医いいなあ

とか

アポロ13の映画好きだし、宇宙関係の仕事いいなあ

とか

理系と文系の間的な仕事…経営工学とかいいなあ

とかとかとか…。基本的にたぶん単純なんですね。ミーハーともいう。ってかいまだにどれも面白そうで捨てがたいですもん(笑)これ全部の職つけたらいいんだけど、世の中の仕組み上まず何かのプロになる必要があるし、これを複合した仕事は私は知りませんので、今はこの道のプロを目指しています。

とにかく、私はやりたいと思ったことはやらないと気が済まないたちです。もちろん、それがすべてものになったわけじゃないし、だらしないので途中で投げたしたものもありますし、でもとにかくいろんなことに顔を出したい!それは昔も今も変わっていません。だって、顔突っ込んで損することは絶対にないって思うから。ダメだと思ったら、ダメだとわかった価値があると思うから。

今日、大切な時間を使って、思ったことがあります↓↓↓


最終目的:材料なり設計なり、何かしらのアイデアで、ステーション造りにかかわり、ここで子供たちに、夢を持ってもらえるような学び屋を開設することでしょうか音符音符音符なんとなく、全部ミックスされてきた気がします(笑)なんかドキドキドキドキ大してきた笑い汗
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ