2008年10月

I can do anything that I want (ナルシストであれ)

おわったーーーーーーー!!!!

ものすごい解放感と充実感です音符音符音符もちろん、百点満点とは言いませんが、それでもかなりの達成感と満足感を味わえたので、自分自身を褒めてあげたいと思います。今日くらいいいよね?(笑)

p1010249.jpg


発表10分前。パワーポイントのミス(大したものじゃないけど)に気づき、あわてて作業してます困った汗友人がその様子を面白がって横から撮ったところです泣くこのとき、私の心臓はバクバクですドキドキ大


今日のゼミのプレゼンターは2人。私ともう一人は違うメカニズムの自己治癒研究者です。ちなみに彼は准教授でアメリカの経済学者から、冗談で

「君のその力でアメリカ経済を自己治癒させてくれ」

と言われた逸材だそうです(笑)まあ、相手に不足はない(←怖いもの知らず。学生の特権です。)ウインク

今日のためにいろいろ頭をひねりました。どうしたら私という存在を覚えてもらえるか。どうしたら彼らの印象に残るか。今まで培ってきた留学生との交流経験や、授業での先生の学生のひきつけ方などを考え、「自己紹介パート」と「研究紹介パート」の2部構成にしました。


p1010250.jpg


これが始めた直後の写真。話す前は緊張しっぱなしの私ですが、発表中はいつも思っていることがあります。

ナルシストであれ(笑)byさとちゃん


ってね(笑)よく塾講のバイト時代に学生に植えつけてました。普段は駄目ですよ。過信や慢心につながります。でも自分に自信なかったら、相手もそれに気づきます。自分がつらくていいパフォーマンスなんてできません。ってね。とくに研究発表に関しては、世界で一番近くでかかわって知ってることですからね。でもさすがに緊張するだろうと思い、最初にインパクトあるものをもってきました。それは…(作戦1)

オランダ語での自己紹介


Hello, Aangenaam kennis te maken.
(こんにちは、お会いできてうれしいです。)
Ik ben Satoshi. Leuk om jullie te ontmoeten.
(私はさとしです。よろしく。)
Ik kom uit Japan.
(日本からきました。)
Ik ben hier voor de eerste keer.
(オランダは初めてです。)
En ik blijf hier een jaar.
(一年間滞在します。)
Ik wil met jullie veel over beton leren.
(コンクリートのことをあなたたちとたくさん学びたいです。)
Dank u.
(ありがとう。)


これは、予想以上の効果でした(笑)拍手いただきました(笑)私も経験ありますが、その国の言葉で話そうとする姿勢は好感を持ちます。友人のオランダ人に発音指導してもらいながら、がんばった甲斐がありました電球まあ、これに満足せずますますオランダ語もがんばります!!こうなってくると私はのってきます♪

次の作戦2はいかに名前を覚えてもらうかです。残念ながら、私の名前は外国の人には非常に覚えにくい。とくに「さとし」はものすごく発音も難しい。いかに覚えてもらか…。「名前を覚えてもらう=話しかけやすい」ですからね。私が使ったのはコレ!!

untitled.bmp


komatsu.bmp


これもよかった!最初の写真は日本の文化紹介で使ったポケモン(主人公「さとし」)です。ポケモンはもはや世界規模なので、非常にいい効果を発揮したと思います。

さて、苗字ですが、これはオランダ人の友人から頂いたアイデア!我々土木にかかわる人間にとってこの会社はものすごい有名です。世界の「KOMATSU」です(笑)

このおかげで、ゼミ後の飲み会では「ああ。あのポケモンのさとしでしょ?」って(笑)とりあえず、最初に仕掛けた作戦は成功したようです。

p1010252.jpg


もちろん、笑いばかりではただのバカですから真剣な話もします。要は強弱です。この写真…偉そうだなあって後で思いました。私の結果じゃないのに(笑)これは数日前横浜の先生からいただいたプレゼントスライドやはり食いつきはよかった。私の研究への導入として、そうとうな興味を示してくれていました。先生本当にありがとうございました。

p1010254.jpg


話というのは単調に続けられるものではなく、プレゼンの途中にも質問はきます。プレゼンはいくらでも準備できます(聴衆目線で話せました♪)が、質問は予想(今回は過去の質問も含め8個予想して臨んだ)はできても、それが十分と限らない。これはたぶん、途中の質問の時だと思います。質問はやっぱり難しいと今回改めて感じました。質問に答えるには

相手の言葉(英語)を理解して、何が聞きたいのか解釈して、
それに適切な方法で、簡潔に、自分の知見や経験から、事実と意見を言葉(英語)で表現する。


これだけのことができないと1つの質問には答えられません。答えられなくても、わかりませんじゃ済まされない。答えられないなら、なぜ答えられないのか言わなくちゃいけないし、できれば自分の意見の言えるのがベター。これはまだ私が達していないレベルだと痛感しました汗(日本語でもできませんがすいません

今回も、答えられた質問、わからない質問、誤解した質問といろいろありました。でも私の持てる能力をフル回転させて一生懸命答えました(←負けずぎらい)。まだまだだと感じられたのは、今回発表させてもらったおかげだと思います。

p1010263.jpg


これは、図解で状況を説明してるところ。これは想定内の質問だったので、すごく自信ありげでしょ?(笑)


そんな感じで、終わってみたら、説明に30分。質問に15分の合計45分話してました(笑)これだけ長く、英語を自分が一方的にしゃべったのも初めてでしょう。ホント終わった瞬間の解放感は大好きです。この日のこの機会を作ってくれたすべての人(い本、オランダ)に感謝感謝です。

p1010270.jpg


このあとは、退官される先生のフェアウェルパーティー&ゼミ後の打ち上げということで、今日はAerospace(航空宇宙)の建物で飲み会がありました。カッコいいよねぇ。大学のはずれのほうでまだ新しいのかすごくきれいでした。ちなみに、この飲み会にはこの大学の材料系研究室の集まりもかねているらしく、コンクリートだけじゃなくて、いろいろな分野材料研究者がいました。キラキラ航空宇宙の自己治癒研究者キラキラともお話ししました(笑)すごくこれっていい試みだなって思いました。研究にはぜったいこういう他分野との意見交換が必要だと思います。飲み会ではいろいろな方とお話しして、「よかったよ~」とか「私の知り合いのpHDの日本人学生より英語うまいよ」とか「1年だけじゃなくて、こっちで学位とっちゃいなよ」とか「君の研究に役立つかも」といった話をしていただけて、もう感謝感激でしたにっこり(まあ、社交辞令もあるでしょうがw)

p1010265.jpg

(航空宇宙の実験棟)


こんな感じで、私の一つのヤマが終わりました。今回の経験は、多くの人が一度は通るであろう英語でのプレゼンテーションというだけでなく、自分もがんばれば何となるという自信と、まだまだ力不足だという自己発見があった素晴らしい機会でした。次あるときは、本当に自分の研究でしっかり相手を引き込めるプレゼンができるくらいまでに成長したいなと思います力こぶ

とりあえず、今夜はお酒も入っているので爆睡します(笑)そして土曜からしばし旅に出ます。自分へのお褒美です(甘い?)(笑)向かうはイタリアはピサです。友達がいろいろ考えてくれているようなので、楽しみです。次の更新はイタリア編かな。お楽しみにウインク 続きを読む

ビビりですが何か?

はい、緊張していますが何か?(笑)ゼミ発表2日前だってのに何やるにもソワソワ汗最近は大学から帰ってきてからが私のプレゼン練習の時間(研究室じゃ練習できない)なのですが、もう毎晩毎晩口が渇いて渇いて泣くもう諳んじて言えるくらいにまで練習してますが、それでも心配です。たぶん本番になったら頭真っ白になるんだろうし困ったなんか半年くらい前の卒論最終審査会を思い出します。あのときも、いくら練習しても練習しても心配で仕方ありませんでしたショックあの時は、友人と廊下をダッシュ走るダッシュして気持ちを整えてましたが、今回はどうしようかなあ…。今回は一人だしなあ…。6階だし、階段駆け上りでもしましょうか(笑)学校


さて、気分転換にブログを更新します。先週の日曜日、こちらで唯一の知り合い(?)のお宅にお呼ばれしていて、オランダの首都アムステルダムに行ってまいりましたウインク待ち合わせの時間が午後の5時だったので、それまでの時間を市内観光してました。その様子を写真でご紹介します音符

p1010132.jpg


「フェルメール」→「ルーベンス」ときて、世界の偉大な画家シリーズ(いつから?)第三弾はもう、超有名人でしょうゴッホですびっくりこれが国立ゴッホ美術館です。開館前15分くらいについたのに、早くも長蛇の列です困った(人の列見えますか?)しかし私はミュージアム・イヤリーカード(オランダの400以上の美術館を1年間見放題)があるので、待ち時間なしで入れましたOK絶対お得なカードなので、みなさんオランダはこのカードでたくさんいろいろなもの見れますよ力こぶ(宣伝ウインク)新館はあの日本人建築家(故)黒川紀章氏作なんだって。ゴッホって日本の浮世絵にすごく影響受けたとかで、選ばれたんだとか。そうそう。中にはあの超有名作ゴッホのひまわりがありました花

p1010152.jpg


もうひとつ、私が行きたい所がありました。それがここ、アンネ・フランクの家です。しかし、見ての通りものすごい長蛇の列ショックここは先ほどのカードが使えないんですって困っただから、並ぶか事前にインターネットでチケットを購入しなきゃいけないみたい。今回は断念しました。まあ、そのうちきっと誰かとくるでしょう落ち込み

p1010159.jpg


次に行ったのが、ここハウスボート・ミュージアムオランダはご存じのとおり、運河が非常に多い。だからこうしたお家も法律で認められているのだとかびっくりオランダならではですね。内装は普通の家と何一つ変わりませんでした。こちらもお手頃価格で、売り出し中でしたので、別荘にいかがでしょうかはてな音符ちなみに、ガイドブックによると、夏場はに悩まされるそうです泣く

p1010182.jpg


町を歩いていても、見るものはたくさんあります。これなんだかわかります?タクシーですよ困った写真を撮ろうとすると「乗るかいはてな」って聞かれましたが、雨に濡れそうだったので断りました汗まあ、日本でいう人力車ですね。

p1010192.jpg


オランダには、ほんといろいろな博物館や美術館がありますが、これにはビックリさせられます(笑)駅前にあるので、興味のある人はぜひぜひウインク試しに入ってみましたが、あれだけあるとなんか逆に感心します(笑)内部にはかなりの人がいました汗6割カップルです(笑)まあ、18禁ですので、写真は差し控えさせていただきますすいません

p1010221.jpg


これがアムステルダムの駅舎です。東京駅のモデルになった?とか。今アムステルダムは南北に地下鉄を通す計画があるとかで、駅前も工事中のところが多いのが残念です。なんか、地盤沈下が激しくて大変なんだそうです。まあ、当たり前ですよね、もともと海より低いんだから…。

p1010227.jpg


オランダはいろいろなところで法律が寛容であると言われます。でもそれは自由になんでもしてよいというのではなく、多少のことは大目に見るけど重大犯罪には厳しいという裏返しでもあります。これもその一つでしょうね。マジックマッシュルームを売っているお店。日本なら犯罪です。でもオランダではたまに見かけますし、良く言われることですがコーヒーショップはソフトドラックを扱うお店です。なんとなく、外装とか雰囲気でわかります。

p1010228.jpg


これもそうでしょうねぇ。有名な飾り窓地区です。いわゆる風俗街。この一帯はどこを歩いてもこんな家があります。一般市民が普通に歩く道ですよびっくりオランダでは売春も合法。すごい国です。

こういうことって日本ではいけないこととか恥ずかしいことって教育されてきてます。このほかにもオランダの街中では堂々と男女じゃなくて男男で仲良く手をつないでる人も見かけました。

私は今こういうことをしようと思いません(迷惑かけますし、悲しませる人がいますし大切な物を失います。何より相手にやられたら嫌だから)。でも問題は先生や親から言われれば「1は1」であると決めつけることだと私は思います。なんでもそうですが、どうしてこういうことがあるのか、そしてなぜいけないのか、客観的な視点で物事を見て、では私はどうなのかと個々人が考えることが大切なんだと思います。それでダメと判断するならそれでいい。逆にそれでいいなら、それはその人の考えです。その結果がオランダではこういうことが絶対悪ではなくなってるわけですからね。そういう意味でも、自分の目で世界を見る意味は大きいのだと思います。

p1010237.jpg


さて、最後はやっぱりこれでしょうねウインクマヘレの跳ね橋です。やっぱりこういうの見るとワクワクするのは、こういうのが好きだからでしょうねぇ。そうそう、先日のブログ(時間間違えて遅刻するって話)で言い忘れましたが、オランダ人が遅刻するときの言い訳ってなんだと思います?もう、わかりますよね。橋が上がってて遅れたなんだって汗今度学校の授業に遅れたら使ってみてください。そして感想聞かせてください(笑)

ずいぶん、前置きが長くなりましたが、グルーっと市内を一周したらちょうど5時でした。夜はその方のお家で久々の日本の家庭料理をいただきましたびっくりお土産にも日本料理をいただいて、大満足音符ただ、疲れと雨に濡れた寒さで体調を崩して、途中で気分が悪くなってしまったのには自己嫌悪でした悲しい海外では普段以上に自己管理に気を使わないといけないのに…。せっかく招待してもらったのに…。

といった感じで、家に戻ってきました。今はもう薬飲んで安静にしたので体調は万全です!ああ、もうこんな時間ショックまた練習再開しますびっくりがんばるぞ~~~力こぶ 続きを読む

相対性理論によると…

アインシュタインの相対性理論によって速度が光速に近づくほど時間はゆっくり流れ、光速では時間の流れは止まり、光速を超えると時間の進み方は逆になる……とされています。これは過去に行けるというわけではなく、ただ単に時間の流れが自分より遅く見えるということであり、時計の針が逆回転するだけである。

誰しもあのとき、「あーしとけばよかったとか!」「こーしとけば…」なんてことはあるはず。そんなことが実際にびっくりはてなもちろんバックトゥーザフューチャーみたいに過去に戻ることはなく、そんな疑似体験をしましたびっくり

本日26日午前3時をもって、サマータイムが終了。3時になった次の瞬間、午前2時になるんです困ったつまり日本との時差が今日から8時間になりましたので、お間違えなく。こちらは高緯度なので、本当に日の長さの変わり方が日に日に短くなります夕日

頭ではサマータイムって知ってますが、実際その境目を経験することってなかなかないんじゃないかなはてなミーハーな私はその時間に頑張って起きました電球その瞬間をスライドショーでお伝えします(笑)(windows vista バージョン)

p1010124.jpg


ドキドキドキドキ小


p1010125.jpg


ドキドキドキドキドキ大


p1010128.jpg


おおおおおおおおおおおお電球



以上でーすあかんべーこの儲けた(?)1時間何に使ったって?愚問です。疲れて寝ました寝るちなみになぜ日曜かというと、土曜日から日曜日に変わる瞬間が一番社会に支障がないからみたいです。うん、たしかにこれを理由に授業遅刻するやついそうだもんね汗

無論、このあと部屋中のアナログ時計を手動でかえたのは言うまでもありません。次にサマータイムに戻るのは3月最終日曜日ですウインク

自己分析 -自分の嫌いなところ-

誰しも自分の好きなところ、嫌いなところがあるとは思いますが、自分の思う一番嫌いなところは、適当な(だらしない)ところです。


先日も自分で情けなくなることがありました。家でのパソコン作業中…。机の上をろくに片付けずに、PCに夢中になってました。ふとしたはずみで積み上げていた本が落ち、いっしょに置いておいた電子辞書も落ちて下敷きに…。恐る恐る拾い上げると…


あ゛~~!!!ディスプレーが!!!ショック



破損して、液晶がダメになりました。辞書はこれしか持ってきてなかったので辞書なしです悲しいさすがに厳しい…。近日にオランダにくる人にネットで買った物を持ってきてもらうようお願いしましたが、完全に自己嫌悪です落ち込み


昔から親にも言われてることですが、私はどうもいろいろとだらしない。物を忘れる、なくす、壊す。整理できない。字が汚い。字が汚いのは性格を現すといいますが、その通りだと思います。これはホント直さないと思いつつ、直らない。傍から見ると真面目に見える(?)かもしれませんが、適当(ぬけてる)です。詰めが甘いともいうかな。


私の中には、10年ほど前からある目標というか近づきたい対象があります。ライバルと言えるには程遠い存在だし、自分の中での後悔の念ともいえるのかも。でもこれがあるから、絶対頑張ろう、少しでも近づきたいって思う。たとえ人から、褒められることがあったって、その一瞬はうれしいけど、そのあとには、これをまだ越えてないと思うようにしてる。そうじゃないと、たぶん自分の性格だと甘えて腐る。絶対に…。こうやって書くのもたぶん、そうじゃないと自分を律せないからだとも思う。


先日の日記にも書きましたが、私はこっちにきて本当に自分の情けなさに気づかされます。今日も友達に頼りっぱなしで…。さすがにちょっと嫌がってる雰囲気が今日は出てました汗(外国の人って露骨なんだよねぇ。)留学だって昔から目標にしてたのに…準備不足。完全な私のだらしなさのせい以外何物でもない。外国だからしょうがない?死んでも言いたくないびっくりびっくりびっくりだって同じような年の中国人だってあれだけ通用してるんだから…。

アマチャンの癖に人一番こういうときは負けん気ががんばります(笑)そのおかげで、ある程度はがんばれる、でもそれ以上はいつもできない。また負負負。その繰り返し。

ただ、それは逆によく(?)も働きます。何がって?寝ればなおるからです(笑)いいのやら悪いのやら。たぶん明日にはこのネガゲィブさ直ります。いいのやら、悪いのやら。

続きを読む

10万円の授業

今日も大学の話です。前回の話に共感されなかった方は、読み飛ばしてもらっても構いません。

知らぬは一時の恥、聞かぬは一生の恥


正直に言います。私は知らないことを恥ずかしいと感じます。でもここでは知らないことが多すぎて、知らないから聞かないと、どんどん凹んでいきます。聞かないと次も分からない。たぶん、ひきこもりになります(笑)今の私の場合、聞かぬは死活問題です汗

ここにいると今まで私は何を勉強してきたんだろうというくらい、自分の力のなさを突き付けられます汗世間から見た大学のレベルが高いこと(先日発表された今年の世界大学ランキング見てびっくりしました困った)が大学の価値とは思いませんが、その評価にたがわぬくらい本当にみなさんよく勉強してますメモそれはphD以上の人が周りに多いからというだけではなく、同じMScの学生でもしかりです。たまに「○○はどう思う?」とか聞かれることがありますが(彼らは真剣に相談相手として聞いてくる)、私は語学レベルが足りてないというだけでなく、根本的に自分の専門の知識が欠けていて十分なディスカッションができません泣く

「あなたはどうしてここにきたの?」と聞かれても、もともと論文を書くために来たのでも、学位をとるためにも来たのでもない私には、とにかくこの一年で多くのものを吸収するという漠然としたことしか言えません。それが時に歯がゆく、ときに情けなくなります。だから私は、周りの人がどんなにすごくたって、彼ら以上に貪欲な姿勢を貫かなければならないと思っています。わからなければ聞く。わかるまで聞く。とにかく食らいつくこと。最近は、そんな私(何も知らない、興味ばかりある変な日本人)に気づいてか(?)、周りは比較的やさしく、いろいろ教えてくれるので本当に感謝感謝です。ちゃんと力つけないと彼らに失礼ですね汗


さて、昨日研究室のルームメイトが今日からある、あるイベントに出てみないか?って誘われました。それがこれです。

untitled.jpg


たまーに、こういうのあるそうです。この研究室はコンクリート挙動のモデリングでも非常に有名(らしい)で、コンクリートスケールに合わせて独自のモデリング技術を持っています。1週間かけてミクロ、メゾ、マクロとそれぞれのモデリングを紹介(講義+実技)してくれるそうです。外部からもたくさん人を呼んでやるイベントらしい。それを紹介してくれた人(席がお隣の中国人phD学生)もプレゼンするとか…。俺とそんなに歳も変わらないのにすげぇなあと思いながら、いつも話に出るオランダ人の彼と参加してみることにしましたウインク彼も私もモデリングはやったことないのでわからなかったら逃げればいいよびっくりなんて冗談言いながら(笑)

いやあ、すごいですねぇ。いろいろなところから来てるし、講義のレベルも高い高い困った(MSc以上対象とありますが、基本的にphD以上みたい)私にできることは迷惑かけずにもぐるかです(笑)ベースの理論はMScの講義とそう変わりませんが、モデリングの話になってくるとググッとレベルが上がります。疑問符がはてなはてなはてなみたいな時もあります(笑)でも、オランダ人の彼の助けも借りながら、なんとかやってます(逆にいえば彼の助けなしではやっていけない困った)。特に実技は面白い。モデルが3Dのソフトなんで、カラフルにビジュアル的に見えるからね電球まあ今の私ではパラメーターいじってのオモチャですが汗

そんな感じで、開催中のイベントですが、これの宣伝を大学のHPで見てて、びっくりしましたショックショックショック

参加費:学生(phD,MSc)750ユーロ!!!(約10万円)


軽く日本からヨーロッパいけますね…。1000円分でも元とってきたいと思います(笑) 続きを読む
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ